境界守本舗

ブースNo.: 2-C03  出展ゾーン:【HCJ】HACCP 対応対策

ブースの見どころ
食の提供者にとって永遠のテーマの一つである衛生管理。なかでも害獣の存在は調理、製造、加工のいずれの工程においても、大きな課題として残されたままで、解決に至っておりません。今回、紹介させて頂く境界守は害獣にとって天敵とも言える蜂(スズメバチ)を用いた忌避策(特許出願中)によって施設への侵入そのものを阻止するという、まったく新しい手法で問題の解決を可能としたものです。

出展商品
害獣忌避システム「境界守」

お問い合わせ
境界守本舗
720-2418 広島県福山市加茂町中野222-1
TEL: 084-983-2415 
URL: http://www.kyoukaimori.com 
※上記情報は来場者またはバイヤーが商品に関する問い合わせの目的で掲載しています。
それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載することを固く禁じます。

商談シート
(商品詳細情報シート)
ネズミ対策忌避システム「境界守...

商品情報1
-- セールスポイントメッセージ --
これまでの対策は、侵入してきた害獣を殺鼠剤等の薬剤によって駆除したり粘着シートで捕獲したりと、安全性の問題や後始末等で手間がかかるだけでなく、侵入した動物が歩き回ることによって、衛生的な問題が大きな課題としての残ることから解決策とは言えないものでした。境界守システムは建物の構造や防御面積にに関わらず確実な侵入を阻止することによって課題解決策を提供しています。
商品写真商品写真商品写真
ネズミ対策忌避システム「境界守」

-- ターゲット --
食品加工・製造・調理

商品特徴
「境界守本舗の境界守システム」は、旧来の手法では解決することのできなかったイタチゴッコの害獣被害を、スズメバチの攻撃音を活用することで害獣の侵入を阻止することができることに着目して出来上がった手法です。防御する必要のあるエリアを自由に設定できる他、害獣といわれるほとんどの動物に効果を発揮し、侵入を防げることから駆除の必要もありません。 

COPYRIGHT (C) 2018 JAPAN MANAGEMENT ASSOCIATION ALL RIGHTS RESERVED.